ビートルズ来日公演警備情報非公開決定(警視庁) 提訴 

ビートルズ来日時動画情報公開訴訟 敗訴確定 最高裁

NPO法人 情報公開市民センターが、「1966年に日本武道館で行われたビートルズ日本公演に関し、警視庁警備部が撮影したフィルム」の情報公開を求めた訴訟で、最高裁は18/10/25に上告を棄却し、高裁敗訴判決が確定しました。
http://www.jkcc.gr.jp/data/181025.pdf

・18/12/20 東京地裁 敗訴
 http://www.jkcc.gr.jp/data/171222.pdf
・18/5/23 東京高裁 敗訴
 http://www.jkcc.gr.jp/data/180523.pdf

上記フィルムを15/2/10に情報公開請求したところ、15/2/25に「警備を行っている警察官の容貌および、ビートルズ以外の民間人の容貌」以外の一部開示決定が出ました。
http://www.jkcc.gr.jp/data/150225.pdf
【非公開にした理由】
 ビートルズ来日公演前後の日本武道館内外及び宿泊先から空港までの全般において人出の状況やその容姿が記録されており、これらの情報は、個人に関する情報で、特定の個人を識別することができるものであるため。
 
東京高裁は以下述べています。
・映像中の個人の容貌は約50年前に撮影されたものであることを考慮に入れても「個人に関する情報で特定の個人を識別することができるもの」に該当することが明らかである。
・慣行として公にされ、又は公にすることが予定されているものに当たるとはいえない。
・警察官の容貌も非開示情報から除外されていないものと解するのが常識的である。

今後、15/2/25決定に基づき動画の開示を求めるかは検討します。

ビートルズ来日フィルム情報公開訴訟 上告しました

NPO法人 情報公開市民センターは、「1966年に日本武道館で行われたビートルズ日本公演に関し、警視庁警備部が撮影したフィルム」情報公開訴訟に関し、18/6/4に上告兼上告受理申立を行いました。
http://www.jkcc.gr.jp/data/180604.pdf

・17/12/20 東京地裁 敗訴
 http://www.jkcc.gr.jp/data/171222.pdf
・18/5/23 東京高裁 敗訴
 http://www.jkcc.gr.jp/data/180523.pdf


ビートルズ来日フィルム情報公開訴訟 2審も敗訴

NPO法人 情報公開市民センターが、「1966年に日本武道館で行われたビートルズ日本公演に関し、警視庁警備部が撮影したフィルム」の情報公開を求めた訴訟で、東京高裁は18/5/23に敗訴判決を出しました。
http://www.jkcc.gr.jp/data/180523.pdf

2014/1/3に1966年にビートルズが来日した際の警備状況を記録した映像フィルムが警視庁に残っていると日本経済新聞が報じました。
情報公開市民センターは上記フィルムを 14/2/25に情報公開請求したところ、14/3/13づけで全面非公開決定が出ました
http://www.jkcc.gr.jp/data/140313.pdf
【非公開にした理由】
・個人に関する情報で、特定の個人を識別することができるものであるため
・警備実施に係る情報であり、公にすることにより、警備手法等が明らかとなるなど、犯罪の予防、鎮圧又は捜査その他の公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすおそれがあると認められるため

再度上記フィルムを15/2/10に情報公開請求したところ、15/2/25に「警備を行っている警察官の容貌および、ビートルズ以外の民間人の容貌」以外の一部開示決定が出ました。
http://www.jkcc.gr.jp/data/150225.pdf
【非公開にした理由】
 ビートルズ来日公演前後の日本武道館内外及び宿泊先から空港までの全般において人出の状況やその容姿が記録されており、これらの情報は、個人に関する情報で、特定の個人を識別することができるものであるため。

警視庁からは、「映像の一部開示については、モザイク処理を業者に 頼まないといけないため当方に費用を請求したい。70-80万円程度かかる予定」と言われましたが、「一部開示の映像は見ない。決定書だけほしい」旨回答しました。

15/4/26に情報公開市民センターは東京都公安委員会に一部非開示決定の取消を求めて審査請求を行いましたが、東京都情報公開審査会は16/7/7に「取り消すべきものとは認められない」としました。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2016/07/40q77100.html

その後東京都公安委員会は16/8/19に審査請求を棄却しました。
http://www.jkcc.gr.jp/data/160819.pdf

情報公開市民センターは17/1/26に東京地裁に提訴しましたが、17/12/20に敗訴しました。
http://www.jkcc.gr.jp/data/171222.pdf

その後17/12/26に控訴しましたが、今回18/5/23に東京高裁で敗訴しました。
http://www.jkcc.gr.jp/data/180523.pdf
・映像中の個人の容貌は約50年前に撮影されたものであることを考慮に入れても「個人に関する情報で特定の個人を識別することができるもの」に該当することが明らかである。
・慣行として公にされ、又は公にすることが予定されているものに当たるとはいえない。
・警察官の容貌も非開示情報から除外されていないものと解するのが常識的である。

情報公開市民センターは上告する予定です。

なお、18/1/19に再度上記フィルムを情報公開請求しましたが、18/2/1に全面非開示決定が出ました。
http://www.jkcc.gr.jp/data/180201.pdf


警視庁が保有する50年前のビートルズ来日動画 情報公開訴訟提訴

NPO法人 情報公開市民センターは、1966年にビートルズが来日した際警視庁が撮影していた動画の情報公開訴訟を17/1/27に東京地裁に起こしました。
(事件番号 平成29年(行ウ) 46号 東京地裁民事3部)

NPO法人 情報公開市民センターは、国や地方自治体の情報公開度を高めるため、全国市民オンブズマン連絡会議が母体となって2001年に設立したNPO法人です。これまで、外務省の在外公館報償費や、秘密保護法制定過程の情報公開訴訟を行ってきました。

1966年当時、警視庁が今後の参考にするため、ビートルズ警備の状況を動画で撮影していました。当法人が当該動画を警視庁に対し情報公開請求したところ、いったんは警備上の秘密として全面不開示でした。再度情報公開請求したところ、ビートルズのメンバーの顔以外の顔(街頭でのファン、警備関係者、スタッフなど)は個人情報として不開示決定がでました。動画を開示するにはモザイク処理のため費用が約80万円かかると言われました。審査請求しましたが、都公安委員会は棄却しました。
http://www.jkcc.gr.jp/menu9.html

その後、16/9/17日本経済新聞によれば、警視庁はビートルズの記録映画制作会社側から映像提供の要請があり、一部を公開したとのこと。それ以外も一般向けに提供できるか検討しているとのことでした。

50年前の顔は特定の個人を識別できず、しかも慣行として公にされ、公にすることが予定されている情報であるとして、非公開取り消しを求めて東京都を被告として提訴しました。

17/3/22(水)午後1時半〜 東京地裁で第1回弁論予定です。

経緯 15/2/10 当法人が警視庁に開示請求
   15/2/25 警視庁が一部開示決定
   15/4/26 当法人が審査請求
   15/12/16 都公安委員会が非開示部分を説明
   16/7/7  都情報公開審査会が取り消すべきものとは認めないと答申
   16/8/19 都公安委員会が審査請求棄却の裁決
   17/1/27 東京地裁に提訴
   17/3/22(水)午後1時半 東京地裁で第1回弁論予定


ビートルズ来日公演警備動画 個人情報のため非公開(警視庁)  

2014/1/3に、1966年にビートルズが来日した際の警備状況を 記録した映像フィルムが警視庁に残っていると日本経済新聞が 報じました。ビートルズの演奏する姿も映っているとのこと。
これに対し、NPO法人 情報公開市民センターとして、上記 フィルムを15/2/10づけで情報公開請求したところ、2/25づけで 一部開示決定が出ました。
http://www.jkcc.gr.jp/data/150225.pdf
開示しない理由:東京都情報公開条例7条2号に該当 
ビートルズ来日公演前後の日本武道館内外及び宿泊先から 空港までの 全般において人出の状況やその容姿が記録 されており、これらの情報は、 個人に関する情報で、 特定の個人を識別することができるものであるため。

同じ請求を1年前の14/2/27に開示請求した際は、 個人識別情報ならびに「警備情報にあたる」として 全面非開示でした。
http://www.jkcc.gr.jp/data/140313.pdf

なお、映像の一部開示については、モザイク処理を業者に 頼まないといけないため当方に費用を請求したいがどうか、と 事前に警視庁から連絡がありましたが、 「一部開示の映像は見ない。決定書だけほしい」旨回答しました。

今後、審査請求、裁判などどうするかを検討します。

ビートルズ来日公演警備情報非公開決定(警視庁) 提訴へ(その後延期) 

2014/1/3に、1966年にビートルズが来日した際の警備状況を記録した 映像フィルムが警視庁に残っていると日本経済新聞が報じました。 ビートルズの演奏する姿も映っているとのこと。

これに対し、NPO法人 情報公開市民センターとして、上記フィルムを 14/2/25づけで情報公開請求したところ、3/13づけで全面非公開決定が出ました
http://www.jkcc.gr.jp/data/140313.pdf
【非公開にした理由】
・個人に関する情報で、特定の個人を識別することができるものであるため
・警備実施に係る情報であり、公にすることにより、警備手法等が明らかとなる など、  犯罪の予防、鎮圧又は捜査その他の公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすお それが  あると認められるため
 
これに対し、情報公開市民センターは、取消訴訟を東京地裁に起こすことを決め ました。
・48年前の警備状況がいまだに非公開というのは、秘密保護法の秘密指定30年が  延長される危険性をわかりやすく説明できる
・ドイツでは、警察の警備についてのドキュメンタリー映画が販売されている。
 The Beatles In Germany 1966 : A Musical Documentary  http://beatleslist.web.fc2.com/b4video1.html

14/4/5(土)秘密保全法に反対する愛知の会2周年総会で、理事長の新海聡弁護士が、上記訴訟の提訴を発表します。

日本の情報非公開を打破するため、ぜひ勝訴したいです。
皆さまのご支援をよろしくお願い致します。


トップに戻る